« 今月のまとめ(H24/4) | トップページ | 新東名富士山物見旅 »

2012年4月30日 (月)

テルマエ・ロマエ

月曜はコロナのメンズデー。1000円で観れます。というほど今は映画観てないので別に1700円だって構わないのだけど。

阿部寛はまあ予定通りよい感じ。が、平たい顔したローマ人が多すぎるのはどういうことか。
上戸彩は平たい顔族代表って意味ではありだし、前半のエピソードをつなげる橋渡し役としての働きはよかったのだけど、後半のウザさはどうにかならなかったんだろうか。それともウザい女を演出してたのか。それなら大成功だけど。でもテルマエにそんな要素はいりません。

原作から持ってきたエピソードはやはりどれも秀逸。個人的には山賊のエピソードは欲しかったけど。成金ビーナスとかも。まあ全部は入れられないだろうし、これはしょうがないか。
間抜けなオペラ挟んで笑いを迫るのも映画ならではのポイント。これは監督いい仕事でした。

が、やっぱり後半の歴史修正みたいな流れはどうだかなあ。上戸でなくても多分ダメと思ったんじゃなかろうか。とすれば上戸のせいにしちゃいけないんだけど、彼女のおかげでB級感が増幅されてることを思うとやっぱり責任は大きいような。
映画化に際しての変更も方向性も途中までは成功してたと思います。後半で変なドラマ入れなければなー。惜しいなー。まあもっと真面目に間の抜けたエピソードだけで十分だったんじゃないかってことです。

あと気になったのはエンドクレジットの漫画協力になぜ原哲夫がいなかったのか。謎すぎる。

ま、それも含めてのB級か。多くを求めてはいけない。

« 今月のまとめ(H24/4) | トップページ | 新東名富士山物見旅 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/54599128

この記事へのトラックバック一覧です: テルマエ・ロマエ:

« 今月のまとめ(H24/4) | トップページ | 新東名富士山物見旅 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31