« オレカバトル その6 | トップページ | オレカバトル その8 »

2012年4月20日 (金)

オレカバトル その7

長くなったので記事分割。厳選ネタその2。

関連記事。その6

目に見えない部分について。
パンドラのセリフ、「攻撃の才能が」「コマンドの潜在が」云々から。
体力、攻撃、素早さについては、その6でいうところの法則でダイス振った際に+1なり+2なりされてるものという解釈をしてます。もちろん事実かどうかは不明だけど。ただ、同じ初期値でそのセリフが聞けた個体と聞けなかった個体で、それを育てた結果が途中経過も含めてどちらもまったく同じだったことがあったことから、そう判断してます。D6+1でも出目が1じゃ、D6で6の出目出されたら負けますよということです。なのでダイスの出目が最高でなければセリフが出ても意味ないかと。

体力なんかは数値としてあるのでそうじゃないかなとアタリもつけられるのだけど、コマンドについてはますます妄想の域でしかなく。
かいつまんでるけど、前スレで投下したレスを引用しときます。

~
794 : ゲームセンター名無し : 2012/04/04(水) 21:09:26.84 ID:8ogVVKUJ0 [2/2回発言]
>>792
そのセリフだけど、あれは成長率には何も関係なかった
初期値にプラスされてるだけ
だから初期値の高いやつにそのセリフを加えて壁を破らないと意味がない

コマンドの潜在だけはまだよくわからんけど勝手に妄想するに
レベルごとに例えば内部に数値が
レベル1で10、レベル2で20、レベル3で30、レベル4が40となっているとして
技にもポイントが
こうげきは1、こうげき!は2、ためるが2、★→★★は3、会心の一撃も3、
みたいに設定されてて
そのポイントを6つのスロットで割り当ててるんではないかと想像してる
コマンドの潜在はその枠を10から11にするとかじゃないのかなーと

数値はてきとーだけど、考え方としてそういう設計思想と想像してる
~

と、半月ほど前にネタ投下したわけですが、今も同じ考えでプレイしてます。もちろん実際どうなのかは知りません。あくまでも妄想です。
仮にこうだとするなら、技ごとのポイントがまずどう設定されてるのかわからないとどうにもならないのだけど、それを知る術はハッキングか流出くらいしかなく、知る由もありません。数揃えて情報整理すれば大体のアタリは付けられるだろうけど、ポイントだけでなくアトリビュートとかも考えると、どんなに考えても正しい情報に辿り着くことは無理かなーと。さすがにやる気おきません。誰かお願いします。

それに、そのコマンドの上限枠にしても実は内部でダイス振ってて個体毎に幅があるようだと、それこそ「コマンドの潜在」のセリフをもらっていてもベースが低かったらどうにもならないという。数値として見えないのでどうしようもないです。でもそのおかげで最後のミスやほほえみが消えないというのもすごくありがちぽいし。

あるいはまったく違う方向性でコマンドの潜在という可能性を考えるなら、レベルアップ時のスロットチェンジのときに技ポイントの高めなコマンドが運よく入りやすいとか?でも永遠にそれというのは違いそうだし、技のアトリビュートまで飛び越えて覚えることもないと思うので、やっぱり6枠の上限合計じゃないかなあと思うのだけどどうだろう。
結局のところプレイヤーとしてはプレイ重ねるしかないんですけどね。育成してみなけりゃ何ともいえません。育成してもいい技がはまらなければ枠が大きくなっていたとしても意味ないわけだし。

その結晶として、いい例になりそうな3枚を。
Img00107

☆1モンスターでは抜群の使い勝手、ミミトシシ。レッドソウル倉庫になってるのも愛ゆえに。単にその場にいただけともいう。というか特定ボスとマッチングさせたいときに☆調整したいときに重宝します。☆1や☆2の実用カードは育てておいて損はないです。

ジョンガリの★1スロットが全部★upになった例。☆3モンスターの性能で☆2モンスター並の使い勝手という身軽さがポイント。★2→★3が薄いのは微妙だけど、アイスピラーよりファイア!のが単体へは高威力なのでこれはこれで。アイスピラー以上の技を覚えなくてジョンガリ自体が全然実用的じゃないということにつっこんではいけない。

最後にウチのエース、ムウス様。★3スロットの完成形。★4に必殺の一撃が埋まらないので★3→★4をすべて消す逆の発想で。ただでさえデメラ系の★downに弱いことから、ジョンガリ同様に★3までしか育てないで済むこの形態がムウスには合ってますね。
★1スロットがためる混じりの5upと★up*4だけどほほえみ*2というのを悩んで2系統育ててましたが、結局ほほえみ側が★3スロットを完成させてくれたのでこちらメインで使うようになりました。必殺の一撃で埋まってると安心してボスに挑めます。マルドクと並べると抜群の安定感。まだ出来てないけどマルドクも★4を6つとも必殺の一撃にできることは友人が実証してるので、これもおいおい。

これがスロット枠の上限と関係あるかといえば微妙なところではあるけれど、上限足りてないと作れない形態もあるかもしれないので、少なくとも見た目の数値が高い限りにおいては「コマンドの潜在」とお墨付きもらえた個体を育てるのがよいのではないかなと。

以下、ウチの「コマンドの潜在」お墨付きをもらえた予備軍。まだ厳選中だけど、期待してます。
Img00108

他にも目に見えてないけど、ぼうぎょ、とくこう、とくぼうみたいな数値もあるかもしれない。というか、少なくとも防御はどう見てもあるし、ジヨン見てると特攻特防もあるんじゃないかなと思っていて、それにも幅があるようだと、見えてる部分だけでどれだけ厳選しても厳選何それおいしいのなんてことになりかねない面もあったりするわけで、この記事自体の意味があったりなかったり。だからこそ可視化部分だけでも最高のものを目指しておきたいよねという強迫観念です。

最後に気になること。
カード内部では実はカード化枚数カウントしててそれを経験値として、レベル10以降でも使い続けてカード化しまくってれば内部パラがすごいことになって目に見えないけど不可視パラやら上記のコマンドについても上限上がっていくなんてことはないだろうか。とか。いわゆる努力値。
もちろん妄想です。でも毎回リヴィ様だけ使い続けてみるかなあ。

結局、最終的に目指すところはQRコード解析ってことにしかならないのかー。んー。

真面目にこのゲームの攻略記事書きたいなーと思うのだけど、推測でしか書けない一般人。大人の事情に巻き込まれない分気楽だけど、やっぱりオフィシャルで仕事したいなとかつぶやいてみたり。上手い具合にいかないもんかな。

« オレカバトル その6 | トップページ | オレカバトル その8 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/54520737

この記事へのトラックバック一覧です: オレカバトル その7:

« オレカバトル その6 | トップページ | オレカバトル その8 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31