« 生徒会探偵キリカ 2 | トップページ | オレカバトル その5 »

2012年4月12日 (木)

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 3

富士見ファンタジア文庫 村上凛著

ビッグサイトのコミケに行ったことありません。最後に行ったの晴海だ。どちらかというとコミケ開催中は基地局の負荷軽減のためにチャネル制限かけるとか、今となってはそっちの方が近しい感覚。

関連エントリ。1巻2巻

しかし桃はニュースを見ないのか。10年前ならいざしらず、今時コミケのおかしさなんて普通に夏冬の風物詩として広まってるだろうに。例えばシーズンのネズミーランドと比較する程度の知能はあるだろ。桃の箱入り設定がますます加速してます。

コミケ回。鈴木くんは行けないけど鈴木くんの欲しがってるブツを入手しようとがんばる桃は可愛いね。桃は報われなきゃいけない。
小豆も腐れっぷりを隠すことなく接するようになって、どれだけ気を許してるんだか。そう変化するまでの心の葛藤とか色々あるだろうけど、そういう描写はないのでどうだか。

それに対して、かっしーの成長しなさ加減たるや。作中の時間軸でいえばそれほどでもないかもしれないけど、これだけ経験してればもうちょっと感じ取れるだろ。3冊分のドラマは少なくともそこにあるわけだよ。この成長しないかっしーを様式美といって切って捨てるには桃や小豆の踏み込みっぷりと比較して許されるものではないと思うのです。

それにかっしーがまるでオタの世界に身を置いた思考をしてないのはどういうことなのか。いまだに小豆が腐ってることを受け入れていないし。お前それでオタのつもりか。せめて自分の世界のことくらい敏感に反応しろ。
長谷川さんに対しての気の至らなさも、どうせ桃に流れる展開になるとしか見えないにせよ、それでもこの扱いはひどかろ。雨宮や笹川でさえスジ通して謝ってるというのに、かっしーは何をしたよ。
こいつは趣味がキモイどうこうじゃなくて、人間関係をまともに築くことができないゆえにそのポジションにいるわけだ。それをミスリードさせるタイトルはやはり失敗としか。というか、作者もそういう意識を持って書いてないな、これ。それでこそラノベなのかもしれないけど、ラノベだからスルーすべきというものでもないよね。

ということでタイトル及び主人公の視点では見るに耐えないくらい相当つまらなくて、もう切ってしまいたいなと。ムラサキさんなんて新キャラは気になるけど。女の子はいいんだよなあ。もったいないなあ。でも切ろう。そうしなきゃいけない。そのくらいかっしーはひどいことをしたんです。おれに。

« 生徒会探偵キリカ 2 | トップページ | オレカバトル その5 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/54455892

この記事へのトラックバック一覧です: おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 3:

« 生徒会探偵キリカ 2 | トップページ | オレカバトル その5 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31