« 魔王のしもべがあらわれた! | トップページ | のうりん 3 »

2012年3月27日 (火)

[映]アムリタ

メディアワークス文庫 野﨑まど著

死なない生徒殺人事件で野﨑まどに出会って。

小説家の作り方を読んでかしいで。

舞面真面とお面の女で落ち着いて。

パーフェクトフレンドで感動して。

モゾモゾするもの、みつけたは横に置いといて。

5冊目にしてようやくデビュー作に手が届きました。

PFのさなかの母親のお話という情報はすでにあったので、どちらかというとPFの補完的意味合いで読んだ面のが強かったかもしれない。補完というよりは想像を広げるためにという方が近いかな。

終始ぞくぞくさせられた高揚感は氏の5作品の中では一番かも。氏が何を書きたいのかがストレートに出ちゃってますね。ただ、全体の流れを見るとさすがにデビュー作らしくぎこちなさもあったり。とはいってもパーフェクトフレンドを読んでしまっている後だからそう思うのであって、他のラノベ作家でここまで書けてる人なんてそうそういないのだけど。

最早のファンタジー的な天才ぷり。結局のところそれがすべてなのだけど、二見が翻弄される様をきれいな伏線回収で魅せながら、ティーブレイク的に気の抜けるユーモアを差し込んでくるテンポを支配した作りは、やっぱり野﨑まどなのだなあと納得してしまうのです。

でもまあラストはどうなんだろうなあ。これは嫌いなタイプの投げっぱなしエンドに近いです。処女作故の粗と見えてしまうのだけど、こうしたかったと言われればそうですかと返すしかないし。その後の作品では修正されてきてるので、やっぱり自分の感性に従って解釈することにしておきますかね。

« 魔王のしもべがあらわれた! | トップページ | のうりん 3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/54325385

この記事へのトラックバック一覧です: [映]アムリタ:

« 魔王のしもべがあらわれた! | トップページ | のうりん 3 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31