« オレカバトル その2 | トップページ | アイドライジング! 4 »

2012年3月22日 (木)

デート・ア・ライブ 4 五河シスター

富士見ファンタジア文庫 橘公司著

今月の本命だったわけだけど、さて。

関連エントリ。1巻2巻3巻

琴里回。その前に、作者自らカバー折込で折紙推しカミングアウトに得心。一番愛を注がれてたのはやっぱり折紙だよね。でもその割に今回も折紙はかなーり脇役だったけど。槙奈ほどに空回り。いつか来た道をまた通ることになるのか。1巻みたいに花満開折紙さんを希望します。

十香、四糸乃と水着買いに行ったり、琴里とデートだったり。目立った新キャラはいないので新鮮味はなし。折紙はお邪魔虫役。槙奈より淋しいポジションだな。
琴里はずいぶん可愛くなってたか。士道とのリンクもナチュラルで、最初からこうだったら読者からというかおれからも愛される妹でいられたろうに。

しかしネタはずいぶん薄め。目に付いたのは悲鳴くらいか。オーフェンはまあ元富士見だし、刃牙とかも好きなのかなー。そういう差込はまあラノベなのだけど、せっかく今回はよしのんが目立ってたので、りの&プッチャンにかけたネタとかあってもよかった気もする。それはピンポイントすぎるけど、よしのんは3巻で出番薄かったし、今回もうちょっと頑張ってほしかったなーと。
あとはいつものマイリトルシドーで神無月が琴里いないのをいいことに飛んでたくらい。琴里は司令部の行動見えてるんだろうし、そこまで巻き込んだネタがあったらよかったのに。

と、全体的にもったいない感が強かったのだけど、裏場面の狂三が色々やって今後の展開は面白くなりそうなので、つなぎ回ということで落としておきますかね。

ということで今回はむしろつなこ氏の画集です。琴里や折紙が色っぽい?最後の狂三でしょ。あれこそ艶です。

« オレカバトル その2 | トップページ | アイドライジング! 4 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/54284399

この記事へのトラックバック一覧です: デート・ア・ライブ 4 五河シスター:

« オレカバトル その2 | トップページ | アイドライジング! 4 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31