« リア充は爆発しろ、ガチで! | トップページ | 今月のまとめ(H24/3) »

2012年3月29日 (木)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 4

ガガガ文庫 渡航著

画集用途的に限定版買いました。ぽんかん⑧氏いいね。るろお絵CUTEG絵なんかもあってちょっとお得感もあり。
と、本文読まなくてもいいよね。ってつもりだったけど、とりあえず的に読んどきました。

関連エントリ。1巻2巻3巻

結果をいうと、読んで正解。さすがにガガガの看板は伊達じゃなかったということか。
3巻はやっぱり外伝でした。材木座がいないだけでこんなに面白い回になるなんて。とは言わないまでも、やっぱあいつレギュラーとしては弱かったんじゃね。むしろ今回活躍の葉山くん戸部くんのが脇役の何たるかを発揮してるよ。あっち方面の尖がり方でいえば海老名さんいれば事足りるし。しかしやつこそがスクールカースト最下層民。逆にそこを上手く表現できたら材木座の価値も違ってきそうなんだけどなー。3巻みたいのじゃない、リベンジに期待しときますか。

ヒッキー、本当に主人公だなあ。夏休み、小学校のオリエンテーリングお手伝いボランティアというシチュエーションで上手い立ち回り。いつものメンバーはもとより、リア充組の葉山三浦に対しても感情波立たせず、自分のシスコンぶりも冷静な判断で、ぼっち小学生の留美への対応まで、とにかく人間関係の繊細な距離感が絶妙すぎる。鈍感系主人公の氾濫を見てるとあまりに八幡が神に見えてしまいます。
いつものように表に出さないつっこみ気質を、空気の流れにいらない波紋を投げかけないでい続けるそのニヒルなスタイル。かといって気取ってるわけでもなく、本当に平穏な流れの中で生きていたいんだなという設定を深く感じられるそのキャラクター。とてもかっこいいです。彩加でなくとも惚れるわ。残念系?どこがよ。
そんな八幡を引き立てるが如く、葉山くんのダシっぷりとか戸部くんのモブっぷりなんかもうまく仕立てられてて、今回のシナリオ運びは上手かったなーと。ヒキタニくん呼ばわりも葉山くんからの挑戦状みたいなものだったのかもみたいに思えてきます。すごくキャラ立ってるよ。

ヒロインズもそれぞれ可愛く。小町ポイントが特にいいポイント。お兄ちゃん子してて愛らしい。彩加も初心くて可愛いし、由比ヶ浜は当人が可愛いだけでなくリア充組まで絡ませてドラマの発端になれる重要パーソンだし、ゆきのんもいつものようにクールビューティ。しかもそれを八幡がちゃんとネタにしたり顔を立てたりでますます魅力的ときてる。
留美もいい経験できてよかったね。おいしいサブヒロインでした。できればその後のエピソードも欲しかったけど。

作品のテーマと夏休みと留美のプロットとが上手く噛み合わさった神回でした。エピローグの夏休みの締めに、次巻に続く展開もいい引き。ホント、完成度高い回だったな。5巻が俄然楽しみになってきました。

で、最初に戻って挿絵の件。単にキャラを描いてるだけじゃなく、シーンをカットしたコマになっているのがとてもよいです。しっかり本文と合わせて相乗効果出てますね。というか挿絵って本来そういうものであって、ラノベだとただのイラストであることが多いのが意味不明なんですが。
こういうところにきちんと気を配って仕事してるガガガ編集部とぽんかん⑧氏に好感持ちます。

このシリーズどうでもよくても、この4巻を読むためだけに既刊3冊を読んでもいいくらいの出来。まだ3月だけどオブザイヤーにさっそくノミネートしていいな。ごちそうさまでした。

んー。この弾みがついた今のうちに3巻のCDも聞いとく?

« リア充は爆発しろ、ガチで! | トップページ | 今月のまとめ(H24/3) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/54340356

この記事へのトラックバック一覧です: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 4:

« リア充は爆発しろ、ガチで! | トップページ | 今月のまとめ(H24/3) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31