« お前のご奉仕はその程度か? 3 | トップページ | モンスター烈伝 オレカバトル »

2012年3月19日 (月)

ビブリア古書堂の事件手帖 1 栞子さんと奇妙な客人たち / 2 栞子さんと謎めく日常

ビブリア古書堂の事件手帖 1 栞子さんと奇妙な客人たち / 2 栞子さんと謎めく日常
メディアワークス文庫 三上延著

今月はMWが続いてたので、ついでに積んでたこれも読んじゃえ的に。一応話題作なわけだし。

本を読めないニートが古書店の巨乳店長目当てにバイトするお話。という視点はどうだろう。まあライトミステリと。
昔ながらの古本屋ってこうなのかなー。古本屋をこんな風に使ったことがないのでよくわからじ。でも神保町の古書店群は今もそういう匂いありますね。

個人的に思い入れのあるハヤカワや藤子F関連のお話に注目したかったけど、話の内容でいえば志田さんの話がよいかなー。というか、全体的に無理に犯罪に絡めすぎじゃないかと思うのです。最初の祖母の形見のお話みたいなのをメインにしてくれていいのに。まあ栞子のケガとかあっちはしょうがないけど、その他の話も犯罪絡みなのに警察沙汰にはしないっていう流れがなんだかなーと。えぇ、太宰のナルシールサンチマンぷりは昔っから好きじゃないんです。

ま、好みはそれとして。すごく想像を掻き立てられるというほどではないけど、じんわりと想像力が広がっていくような。そんな感じが受けて売れてるのかなーと思ってみたり。
落ち着いたラノベを読みたい人によいのかな。狙い過ぎ媚び過ぎを嫌う人はやっぱり多いんですって。MWのポジションて結構おいしいよね。

« お前のご奉仕はその程度か? 3 | トップページ | モンスター烈伝 オレカバトル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/54261134

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖 1 栞子さんと奇妙な客人たち / 2 栞子さんと謎めく日常:

« お前のご奉仕はその程度か? 3 | トップページ | モンスター烈伝 オレカバトル »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31