« 蒼穹のカルマ 1 ~ 7 | トップページ | わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 4 リア充ですが何か? »

2012年2月15日 (水)

脇役の分際

フェザー文庫 猫田蘭著

これも新しめなレーベル。年末からちょっと放置してたのをやっとこ。しかも公式によると早速2刷されてたらしい。小規模なりに回転をよくといったところなのか。いいなあ、こういう地域色の出てる出版社。

どうやら元はweb小説っぽ。とりあえず本で読んだ限りではケータイ小説みたいな読みづらさはなかったので、そこはよかったです。

終始、盛沢久実一人称で進行。彼女になりきって、不思議な世界を覗くお話。SFでファンタジーだけど、学園モノって。
あとがきによればルイスキャロルリスペクトと。そういわれればそうなのかもなあ。そんな風に考えたことなかったけど。こういうタイプの作品を見るとどうしても藤子ワールドが先に浮かんでしまうF信者でした。

しかし盛沢さん、スペックいいなあ。これでなぜヒロインになれないのか。いあまあヒロインなんだけど。というかテラーというべきなのか。でも三人称進行じゃないしな。あっちの世界に行きた(くな)い、っていう一人称物語のヒロインだ。そんなニヒルで独りよがりなところがこの作品の魅力です。
面倒見がよくてお節介焼き的には能動的だけど、自らのことは線引きしてなるべく関わらないようにするスキルが強いわけですね。会長もケセラン様もキュピルも近寄んなって空気を作ろうとしても、流れに勝てず流されてしまうお約束が気持ちよいテンポです。戦隊もセーラー戦士もならずに済んで幸せじゃないの。

結構楽しんで読めたので2巻も出たら買うと思うけど、入荷するかとかそもそも見かけるのかとか色々と不安要素はたくさん。といってwebで読む気にはならないしなあ。何だかんだでアナログ信者かもしれない。というか縦書信者なのかな。webでもいいけど縦書きで読みたいです。

« 蒼穹のカルマ 1 ~ 7 | トップページ | わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 4 リア充ですが何か? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/53992077

この記事へのトラックバック一覧です: 脇役の分際:

« 蒼穹のカルマ 1 ~ 7 | トップページ | わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 4 リア充ですが何か? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30