« わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 4 リア充ですが何か? | トップページ | あおはるっ! »

2012年2月16日 (木)

はたらく魔王さま! 4

電撃文庫 和ケ原聡司著

あちらの世界からこちらの世界へこんにちはなライトファンタジーコメディ第4弾。
今月も安定の電撃ね。

関連エントリ。1巻2巻3巻

職場とアパートの改装で居場所を追われる魔王軍ご一行様。大家のコネから犬吠埼の海の家で住み込みバイトでどうにか。しかし幡ヶ谷から銚子へ行っても世界は狭いままでした。
恵美千穂鈴乃がくっついてくる展開も、安心のラノベクオリティ。別にツンデレぽく言わんでもいいのに。恵美はそもそも可愛げ担当じゃないんだし。ちーちゃんに任せろ。でも今回は鈴乃もがんばってたかな。

今回も海の家でムダに有能ぷりを発揮して荒稼ぎしてる風景はタイトルのそれのままに。海の家でも有能でした、真奥さん。ご都合的だけど。もちろんここで培った信頼とか仕事振りとか、今後へのつなぎとして重要なのでしょう。
でも今回のお話はエンテ・イスラとの絡み的にはちょっと無理やりなくっつけ方だったようにも。俯瞰して読んでおいて、伏線回と割り切るべきかなー。ゲートの謎放置といい、大家と新キャラのそれといい。

まあきっちりエンタテイメントはされてるし、実にラノベらしくてよろしいかと。4冊続いてもほとんど失速してないところも高評価。強いて言うなら、何となく文章が雑になってきてるような気がしなくもないけど、これ以上は過ぎた要求みたいなものなので、普通に楽しむ分には十分です。5巻も楽しみにしましょ。

« わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 4 リア充ですが何か? | トップページ | あおはるっ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/54000871

この記事へのトラックバック一覧です: はたらく魔王さま! 4:

« わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 4 リア充ですが何か? | トップページ | あおはるっ! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31