« 魔導書が暴れて困ってます。まぁ、どうしよう!? | トップページ | ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り »

2012年1月10日 (火)

かんづかさ

桜ノ杜ぶんこ くしまちみなと著

またも新レーベル。ゲームのノベライズと一緒に並んでたけど、オリジナルぽいのだけ手に取ってみました。地元の本屋でなぜか大量に平積みになってたのだけど、他の本屋では一向に見かける気配もなく。ピンクなカバーが鮮烈ですね。あと、シュリンク使ってないお店なのにシュリンクかかってたのは何だったんだろう。X指定ってわけでもなかったし。

基本的には神道物で、それにクリトルリトルちゃんぽん。
適正試験の結果、神祇官に抜擢されて、地方公務員になったつもりがここはどこな展開で巻き込まれつつもお仕事に励む高卒新社会人女子のお話。動きやすさがどうとかデザイナーがどうとか取って付けたような設定の88番のセキレイ的なミニ巫女服纏って御霊とバトル。うん、ラノベ。そして8番の影まで見える。え?

P150あたりまではほぼチュートリアル。イナ、卯月、護人からのサポートを受けつつ、わけも分からないままに流されていく神奈を追いながら、読者が世界に入っていけるように、実に丁寧に背景説明されてます。が、いくら記憶が消えるとはいっても、町を封鎖するほどに大掛かりなのに、一般の人々には知られてないというのはちょっとどうか。それに、宮内庁だけじゃなく全国に支部要るんじゃね。東京でばかり事件が起きるとは限らんしょ。道真を見張る意味だとますます東京の意味がわからない。天神様全国どこにでもにあるし。

で。第1巻は夜刀浦人やら金精様をモチーフにしたお話で川崎にお出かけしたり石神井行ったり、そっち方面を。のわりにはエロ成分少なめだったかな。敵の攻撃くらったあたりは、もっと乱れた描写があってもよかったとも思ったり。実際にコトはおこらなくてもいいけど、もっと精神的にやられちゃおうよ、もったいない。
とりあえず1巻らしく期待の新人が無茶振りされながらもどうにかこなして、さあこれから頑張りますよみたいな空気は悪くないです。

イナと卯月が地ビール中心にお酒の話をしてるので、そっち方面好きな人もちょっと楽しめるかも。でも伏字はいらないと思う。そんな生活に密着したちまっこい背景描写も豊富にあって、神道方面も巻末に用語集とか補足したりと、ディテールを頑張ってるのが見て取れるので、今後に期待してみるのはよいかも。がんばりー。

« 魔導書が暴れて困ってます。まぁ、どうしよう!? | トップページ | ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/53707077

この記事へのトラックバック一覧です: かんづかさ:

« 魔導書が暴れて困ってます。まぁ、どうしよう!? | トップページ | ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31