« 神霊廟もうひとつの壁 | トップページ | 吟遊詩人に贈る歌 »

2012年1月18日 (水)

嫁にしろと迫る幼馴染みのために××してみた 2

電撃文庫 風見周著

幼なじみダイエットとは何ぞや。よっぽど委員長ダイエット。

関連エントリ。1巻

来海めんどくせえ。定型なので仕方ないのだけど。他にいなけりゃ妥協しないではないけど、幼馴染でも何でもなく普通にこれと出合ってこれに無二の魅力を感じることはまったくもってなかろうて。当初からメインヒロインである意味が薄かったけど、2巻でますますその傾向が強まりました。ダイエットする前から結局デレ全開じゃ、話膨らまないじゃん。逆にダイソンが来海に好かれるために肥満に危機感持ってダイエットに臨むようなシチュエーションのがよかったんじゃなかろうか。ただのイチャラブで終わってしまうよ。

琴にゃんつまんねえ。デブ専力が著しく不足。せっかくの設定が生きてません。しかもいらんエピソード追加によって仄かに残されていたデブ専要素も消沈して、単なるご都合ハーレム人員に成り下がる有様。それどころかダイソンがダイソンである所以さえもそぎ落とされているといっても過言ではなく。型にはめるにもほどがある。主犯。

てなわけで、ダイエット知識を披露してくれる巫女委員長が最後の砦です。巫女要素はまるでなかったけど、そんな要素はもちろん他の作品でいくらでも消化できるので、ダイエットと健康の秩序を振りかざしてダイソンを導いてやってください。でも知識披露するだけで、さっぱり浮いてましたね。

ゆっきーは非戦闘員だからあれでいいや。

もっとデブを。もっとダイエットを。軸足をこっちに置かなきゃひと山いくらと埋もれるんですよ。イチャコラはもちろんあるべきだけど、肥満とダイエットが絡まなくてはまったく意味がないのです。こんなタイトル付けちゃったおかげで方向性見失って続刊の足が引っ張られてるんじゃないかと勘ぐりたくなります。それでもそうしたくなるほどにこの手のタイトルは1巻の売り上げが伸びるんですかね。まあプロのやってることだしそうなのかもしれんけど。

3巻は切る気配濃厚。んー。

« 神霊廟もうひとつの壁 | トップページ | 吟遊詩人に贈る歌 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/53769183

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁にしろと迫る幼馴染みのために××してみた 2:

« 神霊廟もうひとつの壁 | トップページ | 吟遊詩人に贈る歌 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30