« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 4 | トップページ | 魔導書が暴れて困ってます。まぁ、どうしよう!? »

2012年1月 5日 (木)

らぶバト! 2 反逆のサムライ乙女!

HJ文庫 瓜亜錠著

まさかの2巻。出しちゃいますか。

関連エントリ。1巻

前回の浮付きっぷりと比べれば多少緩和されたものの、まだまだちぐはぐ感のあるキャラクターたち。今回メイン張ってる早苗に、凍子、閃華といった主力バイプレーヤーはそれなりに軌道に乗ったように見受けられるけど、今回脇役に回っている麗華やフレアはもうちょっと。特に鬼火と奏はベンチウォーマーね。かーるぐすたふは長崎出身の作者らしく九州っぽさ満開なので、他のキャラもこのくらい屈託なく書かれてたらよいのだけど。
とまあ女の子多いのはいいんだけど、体裁整うまでにはもう少し時間かかりそうかなあ。てか、この島、他に男はおらんのか。

前回は島のお祭りというフィールドが形成されてたので特に意識することもなく箱庭に入り込めたのだけど、今回は日常の中での話のわりに島の様子が二章の始まりあたりでちょっと描かれてた程度で、それも無理やりに挿し込んでるかのように見えて、微妙な構成でした。どうにも場の空気を感じ取れないんだよなー。
お話は早苗にスポットライト当ててポゼッションやら武雷帝やら今後の伏線のためみたいなポジションで。買ってないけどドラマCDとリンクさせてるのかもしれないし。というようなあとがきだったし、続くのであれば今後の調整に期待しておきましょう。それから気になったのが、いらん3点リーダが多かったなという印象。自分だけですか。
フレーム表現のあたりはニヤリとできたりしなくもないけど、フレームはコマであって時間の単位じゃないよね、とか。刹那やミリ秒マイクロ秒ナノ秒ピコ秒とかなら単位でいいんだけど。まあそれじゃ面白くないってことか。ゲーム色にしたいんだろうなー。やはり自分の土俵で。

それからやっぱり挿絵で損してる感。目は生きてないし、トーン背景もやめてほしいんですが。いっそ白いほうがまだ清々しい。それもヤだけど。萌え絵でもないからなあ。難しい。

ちなみにこの作品、その域の知人はみんな読んでなきゃいけないと思うのだけど、誰一人として読んでないので語るに語れないという。なしてさ。

« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 4 | トップページ | 魔導書が暴れて困ってます。まぁ、どうしよう!? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/53665808

この記事へのトラックバック一覧です: らぶバト! 2 反逆のサムライ乙女!:

« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 4 | トップページ | 魔導書が暴れて困ってます。まぁ、どうしよう!? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31