« ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り | トップページ | 楠木統十郎の災難な日々 2 史上最悪のバカンス »

2012年1月13日 (金)

俺の彼女は飼主様、妹はご主人様 2

富士見ファンタジア文庫 マナベスグル著

これは本当に1巻のあとがきでいうように群像劇のつもりだったんだろうか。1巻での緩急の付け方が嘘のように、今回はずいぶんと平坦なお話でした。いあ、まったくギャップがないとは言わないけど、揺さぶられるほどじゃないなあと。

関連エントリ。1巻

新キャラ登場。さっぱり面識ないけど颯太の親戚で許婚な来者椎那。占えば何でも的中。おかしな能力持ちたちの中に追加するならこのくらいはないとダメですか。
怪力女児ゆずる。すごい身体能力の女児。代わりに感情表現に難有りらしい。ポイントは叔父さんよりもお母さん。そもそも、どこで大鎌を入手したのでしょうか。それが気になって夜も眠れません。

レギュラーで活躍してたのは、まず颯太。本人の活躍というよりも椎那交えてハーレムの渦中の人というポジションにより、一応スポットライト。
緋香里。心温計でゆずるといいコンビ。になれるのか。何だかお互いに影響与えてたようだしまあ。でもお兄ちゃん好き好きが崩れると存在価値微妙じゃないか。
理科雄。まさかあとがき的意味で評価をよくしようと画策したんじゃなかろうな。それは穿ちすぎだけど、変態潜めてやたらとクールキャラに。てことで謙虚なあとがきはずうずうしいあとがきになってました。慣れって怖い。

基本的にみんな濃いので他キャラもそれなりに。その中で蒼斗は完全に常識人ポジションになったろうか。エンゲル係数と戦うヒーローよりもまともかもしれない。

つくづく1巻の面白さはマコッちゃんのおかげだったなあ。今回ほとんど絡まないのでズレが弱いんですよ。彼女が火元にならないと大してかき混ざらないということがよくわかりました。3巻はマコッちゃんをもっと活躍させてください。
まあテンポ自体が悪いわけではないので、やっぱり緩急なんですよ。

ということで、お母さん。主役はあなたです。
こういうズレをもっとね。

« ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り | トップページ | 楠木統十郎の災難な日々 2 史上最悪のバカンス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/53729888

この記事へのトラックバック一覧です: 俺の彼女は飼主様、妹はご主人様 2:

« ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り | トップページ | 楠木統十郎の災難な日々 2 史上最悪のバカンス »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31