« 今月のまとめ(H23/11) | トップページ | 三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 »

2011年12月 1日 (木)

おおコウスケよ、えらべないとはなさけない!

ファンタジア文庫 竹岡葉月著

1冊で完結してないのが納得いかなかったんですが、自分だけですか。

Wヒロインの板挟みかと思いきや、まったくそんなことはありませんでした。タイトル詐欺です。というか何を考えてこんなタイトルにしたのか。2巻以降でそういうシチュになるってことですかね。

前半、中学パート。よくエロ妄想するほどにファンタジー脳なのに小説みたいな作り話は嫌いというちぐはぐな主人公昴介と、読書大好きヒロイン1号蛍の甘酸っぱいお話。蛍も蛍でアンチラブコメ釘バット。いあ興味ない程度ならいいけど、なぜそこまで反動が。
そんな蛍に触発されて読書にのめりこんでいく昴介。それと、ウエンツばりに中身日本人の外見コーカソイドな内気少女クララに、不思議系トリガー装備のイケメン良夜の2人を加えた4人で一緒の高校に通おうだとか、実に青春です。良夜かっこいい。宇和島の闘牛いいよね。こっちまで触発されるわ。
が、蛍と2人でのイタズラを最後に突然の別れ。重いシチュエーションだ。それを機に荒れる昴介。グレはしてないようだけど、色々誤解は受けやすくなった空気。わー青春だー。

後半、高校パート。時は流れて3人で進学。蛍はいないけど、蛍に瓜二つの帰国子女ヒロイン2号彗との出会い。中身は蛍と違ってお茶目系。瓜二つというか、偽名じゃないかと疑いたくなるように仕向けたシチュエーション。でも彼らはそれで受け入れているので、ここは作法に則りますか。とりあえず中学のときの写真でも見せるくらいはしてみたいけど。
慧に対して蛍への想いからまともに対応できない昂介。荒れた噂が尾鰭付いてクラスで浮いてるのだけど、そんな昂介にも慧はアプローチかけるし林間学校でもフォローしてくれたり、色々と青春なのです。蛍抜きにしても、いい子だね、慧。やっぱりもやもやが止まりません。
止まらないのはいいんだけど、なぜそこで2巻へ続きますお楽しみに!となるのか。いあ、これ、続き物にするタイプの作品じゃないでしょ。うがー。

これ、どちらか選ぶってものでもないし、タイトルがミスリード誘ってるのが苦しすぎます。やっぱり2巻で整合させてくるってことだろうか。ていうか上下巻2冊同時発売とかでいいじゃん。これで本当にタイトル詐欺だったらどうしてくれようか。

続きは気になるので2巻で完結なら読みます。終わらなかったら切ります。てか3冊も4冊も続けるとかありえない。そういうテーマの作品じゃないですっての。

« 今月のまとめ(H23/11) | トップページ | 三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

2かんいつでるの?

>こうすけ様

ご来訪ありがとうございます。

わかりませんが3ヵ月ほどは待つことになるのではないでしょうか。
ファンレターなど送ってみてはいかがでしょうか。作者への励みになってちょっとくらい早まるかも?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/53382715

この記事へのトラックバック一覧です: おおコウスケよ、えらべないとはなさけない!:

« 今月のまとめ(H23/11) | トップページ | 三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31