« 買う前から準備だけ | トップページ | ポップンミュージック19 »

2011年12月 9日 (金)

最弱の支配者、とか。

ガガガ文庫 竹内佑著

1枚目の挿絵は話の流れ的にアリだけど、2枚目以降も全部これってどうよ。巻頭のカラー口絵もひどい扱いだし。もうちょっと真面目に仕事しようよ。

導入部の出来はまずまず。空から降ってくるヒロインはもう定型文としてしばらくその地位に居座りそうなので、いかにそれを面白く展開させるか。埋まる。そうきたか。通りすがりのヤンキーに胸揉まれる。もうエロゲでいいよ。もちろん緊張感なし。そんな(アタマの)かわいそうなヒロイン。この桑畑の天然おまぬけぶりと忠誠心は読者の心を掴むのに充分な仕事ぶりです。

主人公ユキトは平穏目指すといいつつツッコミ気質で理想どおりに生きられない男の子。どこがスキルを身に付けただ。それに最弱が最強とかどっかの上条さんとかラバーズみたいなこと言わんでいいよ。弱かろうが強かろうがカッコ悪いから。そんな彼の成長の物語。未来の自分から命令されて自分に侍る3人に生活乱されて脱皮しますと。

渡邊さんはちょっと可哀想かなー。乗っ取った方だけが救われるとか、救われない。テオクレの積み重ねがどれだけ増えるかわからないけど、きっとユキトはそれも背負って前へ進むのでしょう。まあがんばれ、独裁者。てか未来の無法っぷりたるや。しかも未来の宅配ピザもそれかよ。箸持てないとかそういうレベルじゃないって。
そんな感じで後半の文章はかなり雑な印象でした。流れがわかりづらいというわけじゃないのだけど、クライマックスのシリアス成分は導入部のコメディ成分と比べて話に引き込むには力弱いかなー。30年後と現在のつながりも見えづらく。このあたりは今後の課題ということでお願いします。

その今後は書く気満々のようだけど、さて。妹もそのうち絡んでくるか。うまくまとめてくれるなら続編も読みたいです。

« 買う前から準備だけ | トップページ | ポップンミュージック19 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/53443847

この記事へのトラックバック一覧です: 最弱の支配者、とか。:

« 買う前から準備だけ | トップページ | ポップンミュージック19 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31