« デート・ア・ライブ 3 狂三キラー | トップページ | ギフテッド »

2011年11月26日 (土)

魔王なあの娘と村人A ~幼なじみは勇者です~ / 2 ~牛と勇者とパンプキン~

電撃文庫 ゆうきりん著

1巻読んだ記憶はあるのにエントリ遡っても書かれてなくて、2巻買ってからあれ?と思ったり。部屋漁ったらやっぱり1巻はありました。といって1巻を読み返したりしたわけではないですが。
てなわけでまとめて扱ってみる。他にも似たような抜けはありそうね。

初々しい同級生の魔王といらない幼馴染の勇者の板挟みになる村人A佐東くん。この3人を中心にしたラブコメと。あと死体苦手なネクロマンサーとかいるけど1巻の記憶が薄いし2巻で活躍なかったので今回は保留ということで。
しかしどうしてこうも幼馴染ってのは負けフラグをぷんぷん匂わせるポジションなのかな。キャラ作りのテンプレ的に非常に不憫なポジションだと思います。別に対比させずとも魔王可愛いじゃない。

その可愛い魔王は学食を充実させてメタボ計画とか牛のゲップで地球温暖化とか気の長い世界征服を企んじゃうと。微笑ましいなあ。微妙な設定ながらもほのぼの感が上手く働いていいアクセントになってます。単なるラブコメで今の時代生きてくのはつらいですしね。
対して勇者は黒服に連れ去られたり魔王をやきもきさせたりの汚れ仕事担当なのは、サブタイ的にどうなんだろう。かませ犬役に徹させるのはいいんだけど、もうちょっと魅力的に描けないものかなあ。
どうでもいいけど徹させるって言葉はどうなのか。促音からのサ変活用て難しいな。

特段面白いと思ってるわけでもないけど、無下にするのもどうかというくらいにはほのぼのと可愛らしい作品で、そういう点では好きな作品なのかも。

さて今月もまた電撃にさっぱり手を付けてられない状況。これがやっと1冊目。もう半月以上経っちゃったよ。もっと購入数減らさないとダメね。

« デート・ア・ライブ 3 狂三キラー | トップページ | ギフテッド »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/53334822

この記事へのトラックバック一覧です: 魔王なあの娘と村人A ~幼なじみは勇者です~ / 2 ~牛と勇者とパンプキン~:

« デート・ア・ライブ 3 狂三キラー | トップページ | ギフテッド »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30