« ギフテッド | トップページ | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 3 »

2011年11月30日 (水)

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 2

ファンタジア文庫 村上凛著

関連エントリ。1巻

この主人公はどうしてオシャレのときだけ勇み足が過ぎるんだろう。そこだけ微妙に納得いかず。他が草食ならそこも草食だろ。それ以前にセンスよりも何よりも前にTPOという言葉を覚えろ。いあ、覚えてるはずなんだけど、無理に変な格好させるためにそこだけ無視されてるのが作品内で浮いてるというか何というか。もうちょっとナチュラルに失敗させられないものかなあ。

ハーレムの態が着実に形作られてきました2巻です。
追加サブヒロイン小豆ちゃんも免疫ない子で、内面が実に桃と被ってるキャラというか全体的にいい子揃いなのが幅狭いというか、でもそのほのぼの感がよい意味でファンタジーになってるわけで、作品のカラーにブレがありませんね。新キャラ追加した意味薄くね?長谷川さんなりあかりなりに担当させれば充分じゃないのかなあ。

直輝の思い人である長谷川さんももちろんいい子。補習のフォローをしてくれたり、画伯要素が追加されたり、ばっちりクローズアップされてますね。最終的に可哀想な結果になりそうな匂いプンプンですけど。微妙なところではあるけど、この作品的には直輝とくっついてほしいところです。とらドラは大河とくっつくのが必然だけど、こんなほのぼの世界に不幸な子を作っちゃいけない。長谷川さん救済のために桃は何としても鈴木くんとくっつけ。小豆ちゃんは今は麻疹だし、部活内で理解しあえるよ、きっと。でも長谷川さんはぼっちオーラが過ぎる。空気委員長ってなあ。

鈴木くんは鈴木くんで相変わらずの無双ぶり。そのアイデンティティは神聖不可侵。桃の美人設定にちょっとでも触れたら男としてはちょっとくらい揺らげよと思うんだけど、脇目も振らずに好きなことにまっしぐらだし、趣味や人物で差別もしないし友人には優しいし外見まで行き届いてるとか、どこまでも出来杉くんだなあ。自虐や揶揄でないロリコン紳士の称号は彼にこそ与えるべきだ。

シチュエーションとしてはそれなりにドラマになってるかなと思うけど、コスプレをテーマにするならもうちょっと細部にこだわって書いてほしかったかなという希望もあったり。心構え的な部分はいいので、裁縫とか着こなしとかの方面で。生地や縫製、ロックミシンの性能まで触れてほしいし、化粧移りや汗や匂い、暑さ対策とみたいな部分ももうちょっと。

あと、電気街口に一番近いマックは連絡通路です。まあいいけど。

実際のところ、この作者さん、本気出してオタを書いてないよね。本気出すと売れなくなるからだろうか。桃に合わせるならこの程度でも仕方ないのかもしれないけど、もうちょっと踏み込んでいいんじゃないかなと。こだわりと気持ち悪さ、両立してこそのオタですよっと。

« ギフテッド | トップページ | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/53367600

この記事へのトラックバック一覧です: おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 2:

« ギフテッド | トップページ | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 3 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31