« 耳鳴坂妖異日誌 手のひらに物の怪 / となりにヴァンパイア / あかつきにゴースト | トップページ | デート・ア・ライブ 3 狂三キラー »

2011年11月17日 (木)

のうりん 2

GA文庫 白鳥士郎著

手に取ってしまったかー。非常に悩ましかったのだけど。だってこれでもかというくらい平積みどころか山積みになってるんだもの。読まなかったら時代についていけないよとでも脅されてるかのように。ソフトバンクのホンキに応えましたよ。それだけ全力でこられちゃ是非に及ばず。挙句、独立エントリに昇格させてしまったという。負けを認めますよ(´・ω・`)

関連エントリ。1巻

とりあえずジャンプ黄金期のチェックだけしておけば大枠としては楽しめるはず。基本的にはネット徘徊してる程度でフォローできる範囲。ソードマスターヤマトなりグレーチングからおっこちる仔カルガモなり、まあいくらでも。
ただ、さもメジャーかのようにネタに使われてたのだけど、生粋の丹沢っ子である自分には「つけてみそかけてみそ」がわかりませんでした。Bingったらすぐ出てきたけど、体験として持ってないので、面白いのかどうかちょっと分かりかね。中部ローカル的にそっちの人にはストライクなのかな。

そして挿絵。それにしてもこの絵師、ノリノリである。カラーのもえたま!に始まって、Wカップに星矢にウリ坊森ガールにJOJOに夜王に男塾に、あと何かの映画のキャッチコピーぽいのに、まどかと、このひどいイラストの注文にどれだけ応えてますか。笑いの半分はイラストの功績。挿絵がここまで効果的に使われてる作品はレアです。切符氏の評価がまたアップしました。せざるをえまい。

農業サイドにしても、薀蓄はそこら中にちりばめられてるし、特に大豆を題材にしたのは非常によろしいかと思います。個人的に。要するに今年のウチの畑の大豆は失敗でした。来年は3畝か4畝くらい作ろう。畑直蒔きは失敗が目に見えてるので、やっぱり苗から。そういう意味から林檎かわいいよ林檎。林檎も苗から作れ。
1巻でもルポ的手法でちょっと真面目な面を見せたりしてたけど、今回も自然の強大さとか脈々と受け継がれてきた農業の歴史だとか話を大きくしてちょっとしなってみたり。こういう部分もギャップ萌えと思えということか。

そしてまさかの百合締め。コミック百合姫まで引き合いに出して。まあ一部でゆるゆり流行ったしね。アッカリーン(※この作中では別キャラ)。

もうここまできたら、ノベルとしてどうとか、本歌取りだパロディだ引用だ剽窃だとかそんなチャチな話じゃなく、エンタテイメントとしてこれは評価せざるをえなかろうと。手に取った時点でもう負けてたけど、いいよ、内容にも敗北を認めますよ。
元ネタだって、通じるようにメジャーなところを厳選してるのだろうし、一見バカでしかないけど、多分色んなところに気を使ってはいるはず。悪ノリが過ぎる分、デリケートに扱ってる匂いは感じます。銀魂アニメよりも強めに。

でもやっぱりQ数上げたり色々と嫌いですけどね。面白さは認めるけど。

« 耳鳴坂妖異日誌 手のひらに物の怪 / となりにヴァンパイア / あかつきにゴースト | トップページ | デート・ア・ライブ 3 狂三キラー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/53269576

この記事へのトラックバック一覧です: のうりん 2:

« 耳鳴坂妖異日誌 手のひらに物の怪 / となりにヴァンパイア / あかつきにゴースト | トップページ | デート・ア・ライブ 3 狂三キラー »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31