« 今月のまとめ(H23/9) | トップページ | 実り少ない連休 »

2011年10月 2日 (日)

カレイドメイズ3 魔法じかけの純情な感情

角川スニーカー文庫 湖山真著

関連エントリ。1巻2巻

ネーフェかわいいよネーフェ。白ドレスに麦わらとか俺得すぎる。次巻はベアトップホットパンツきますね。という願望。お姫様にホットパンツはねーよ。

今回はキャラよりも世界にピントを合わせた回でしたね。きちんと話が展開するのはいいことです。日常系じゃないんだし。もちろん冒頭の起き抜けシーンとかお風呂場シーンとかちゃんとポイントは押さえられてますけども。あとストーナー兄妹がちょっと微笑ましかったり。カイルにまた女難の相が追加されてもおかしくない。

前半は2巻からの流れでネーフェとミオの決闘関連。お色気パート含む。そこからミオに恋したオスカー暴走からの流れで、ヒンスリー中から襲われるカイル。感情感染はいいとしても行動に移しちゃうのか、怖いねこの超越遺物。そしてヴェンフェルの秘密とクライマックス、次巻へつながる引き。4巻はデートから始まりそうだ。
お手本のような起承転結です。しっかり話作られてるなーと感心。作者と担当編集がさぞ噛み合ってるのでしょう。

レナートスの新しい剣もまずまず。悲愴にも残念ながらNTR属性を持たなかった魔導師さん、真面目にこんな呪い考えてる時点できっとそいつもレナートス級の変人に違いない。しかしこれは次回出番なさそうだなー。記憶力や追加の薄毛情報とレナートスの設定に深く関わってくるのがお約束のようなので、次なる剣はどう絡んでくるのやら。

今回のお気に入りは、対結晶獣決戦で圧倒的っぽい結晶獣《戦禍蟲》てふてふさん。映像化されたら映えそうだなー。真剣にアニメ化してほしい。
ホント、まっすぐ王道でこんなに面白いのに、そこそこの規模の本屋で平積みにもされない実に売れてなさそうなオーラが不憫で仕方ありません。もっと大々的に売り出そうよ、角川さん。

あと、どうでもいいけど、P290からP296までの4枚がしわしわ製本ミスでした。しょうがないのでもう1冊買っとこう。もちろん返本しませんよ。売り上げに貢献しますとも。

うさ彦さんは湖山真氏と鵜飼沙樹氏とカレイドメイズを応援しています。

« 今月のまとめ(H23/9) | トップページ | 実り少ない連休 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/52884932

この記事へのトラックバック一覧です: カレイドメイズ3 魔法じかけの純情な感情:

« 今月のまとめ(H23/9) | トップページ | 実り少ない連休 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31