« 実り少ない連休 | トップページ | すき家はいらない子論 »

2011年10月11日 (火)

ブラック・ブレット2 VS神算鬼謀の狙撃兵

電撃文庫 神崎紫電著

先月の電撃さえ読み終わってないというのに(´・ω・`)

関連エントリ。1巻

キャラクターは生き生きしてます。それだけがこの作品の命ともいえるほどに。ラノベの価値はキャラだ!と割り切るならこれはこれでいいのか。
でもセカイの構築がやっぱりなってない。モノリス結界に囲まれた閉塞空間はどこへやら、出だしの遊園地や他国とのパイプの存在もそうだし、1巻で延珠が学校で受けてた差別の緊張感はどこにいきましたか。IP序列上位はスポンサーも付いて露出も多い人気職業であるかのような描写まであって、延珠も差別より羨望の対象になりそうなほど。聖天子様が一身にカリスマ引き受けてることでギリギリの綱渡りと思いきや、こんなセカイでどこにあんな緊張感が生まれるのかと。圧迫された狭い世界での人々の頑張りようが描かれるからこその作品という立ち位置がベストだったと思うんだけどなあ。しかも今回ガストレアステージⅠとか序章で出ただけ。実は1巻がたまたま異常だっただけで本当はモノリスなんかいらないわりと平和な世界なんじゃなかろうか。ホント、ちぐはぐ。

そして、1巻以上に日本語がおかしい。誤字も多い。前巻同様、雑の一言。
という大きな欠点を抱えながらも、それを勢いだけで魅せるのはひとつのテクニックと呼べるのかもしれない。決して出来がいいとは言えないのだけど、内容がおかしいだけで特に薄っぺらいわけでもないしキャラは立ってるし、魅力がないわけではないからなあ。ついでにいうと、ウチのブログで1番アクセスが多いという要素が評価を難しくしているという部分もあったり。おかげで優先的に読む始末。素直に向き合いづらいです。ハンドガンよりは確実に面白いといえるんだけどね。というかあれは駄作。

序章の鉱夫と遊園地のギャップ。この緩急の付け方はまあよし。朱里もきっと一部で人気出る。羽賀の相方はまた見えないところで不幸に遭ったようだけど。作品的に仕方ないけど女児の扱いホント酷くて俺の怒りが有頂天。どういうことだよブロントさん。
中盤から後半のシリアス部も適度に見せ場あり。前巻みたいな大味対決みたいのはなく、四賢人の繰り糸ガストレア女児との攻防みたいに規模抑えて背景描写が増えた感じだったので、アクションシーンは多少好みに添った形に。が、将監や影胤みたいなかっこいい相手もいなかったので差し引いて。敵がカッコ悪いと話盛り上がらないよなあ。もうちょっと知的に動けよ、保脇に斉武。

さて、今回のヒロイン、フクロウ因子のティナ。早速序列二桁出てきましたよ。早い展開だ。でもタイトルに偽りあり。神算鬼謀というイメージはないなあ。用意周到くらいでいいよ。イレギュラーに弱いよ機知がないよ。ということで追加の女児です。延珠も木更も未織も聖天子様もついでに菫もよいキャラなのだけど、おいしいところはティナに全部持ってかれましたね。
しかしどうにもこうにもこのセカイの女児は不幸。でも小比奈や夏世とは違って恵まれたルートに進めたので、今後愛を注ぐ対象としてはいいポジション。木更と組むんだろうか。侵食率はどのくらいかな。
どうでもいいけど、10歳は何となく幼女という範疇じゃないような気がするし、かといって少女でもないので、女児という言葉を使うことに決めました。
幼女:~6歳(入学前)
女児:6~12歳(小学生まで)
少女:13~15歳(ローティーン)
女性:16歳~(大人として扱う)
熟女:25歳~(人による)
婆 :30歳~(同上)
老婆:60歳~(同上)
こんな感じで。魔女とかああいうのは年齢じゃなく属性です。ホント、どうでもいいな。

そして蓮太郎は相変わらずのお人好し。というよりも青臭いだけかもしれない。それはそれで青春ぽいので悪いわけではなく。今回も主人公らしく大いにスパコン義眼発動大活躍。もちろんじい様直伝の技や菫アイテムに頼った能力だけじゃなく、精神的にも色々背負った16歳の青臭さを主人公らしく。延珠愛というか女児愛溢れた魅力ある漢。今回もティナ愛。行き過ぎると道踏み外すだろうなあ。フェミニストな嫌いはあれど、それも蓮太郎のいいところといえばいいところ。まあがんばれ。
延珠は今回ティナの引き立て役に徹し。やっぱりメインヒロインなんだなという扱いを感じます。作者の延珠への愛の向け方が半端ない。成長止まった風に見せかけつつもやっぱり育つんでしょう。
ちなみにゾーンをネットで引くとwikiでフローに飛ばされます。flowflow。兄さんは神ぐへへ。逸れた。

繰り返しになるけど、面白く読めなくはないのだけどやっぱり欠点多く。作品そのものが残念系とでもいえばいいか。残念系流行ってるし、いいポジションなんじゃね。時代に迎合した作品といえば聞こえもよいんじゃ。

そういえば、電撃文庫買ったら個別に袋に入ったストーリートレカとやらをもらいました。今月は5冊買ったので5枚。パッケージにアクセルワールド、ロウきゅーぶ、C^3-シーキューブとあるので、興味なく未開封放置。アクセルを2巻まで読んだ以外どれも読んでないよ。

何かもうほとんど鵜飼沙樹絵のために本作を買ってるといっても過言ではない今日この頃。鵜飼沙樹画集出ないかな。
うさ彦さんは鵜飼沙樹氏を応援しています。

« 実り少ない連休 | トップページ | すき家はいらない子論 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/52967587

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・ブレット2 VS神算鬼謀の狙撃兵:

« 実り少ない連休 | トップページ | すき家はいらない子論 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30