« 六曜的には今日は友引らしい | トップページ | 本棚のアレ »

2011年8月 8日 (月)

昨日の整理を装った金嫌い(バカ)アピール

バカなので忘れないうちに備忘録。

時系列。
16時過ぎに発生。16:05扱い?。まずは各方面へ連絡。
17時くらいに現場に警察到着。
18時過ぎに相手離脱。
19時半くらいに現場にレッカー到着。
22時過ぎに地元ディーラー到着。

登場人物。
自分側。自分と同乗の友人1人。損保ジャパン。
相手側。初老の旦那さんの運転と奥さん。あいおいニッセイ同和。
あとは須走から出てきたという警察と、ロードサービスの兄さん。

事故現場。
中央道上り。笹子トンネル入り口手前の上り坂。86km地点。甲斐大和バス停前。
登坂車線と追い越し車線に挟まれた3レーンの真ん中の走行車線。
トンネル突入前で、バス停スペースのある寄せることができた場所だったのが不幸中の幸いか。トンネル内だったら終わってた。

状況。
渋滞の鈍い流れ、ストップゴーの繰り返しのろのろ進行。こちらが停まった直後に後ろの尾張小牧ナンバーのアルファード(白)追突。相手運転手よそ見とのこと。
こちらは右後部にダメージ。リアバンパー大破、ライト類はもちろん、トランクもひしゃげて、右後部ドアも開かなくなって、右後輪に干渉するようになって自走不可。三角表示板はトランクから出せず。
相手は左前部の破損。これも充分大破レベルだけど、自走はできる状態の模様。事故の角度的におそらくあちらが追越車線に車線変更しようとしてた最中の追突か。
状況的に10:0で相手責任。今は100:0というのですか。

怪我についてはお互いに自覚症状なし。まあ同乗の友人も一応医療関係だし、こういう判断は任せてよかろうと。放射線技師の判断が関係あるかっていうとどうだかだけどまあ。
昔の職場の同僚とかなら怪我したって言っとけぶんどれるだけぶんどれとか言ってるところだけど、そんなみっともない真似できますかっての。やはり金に重きを置いてる人間とは仲良くなれる気がしません。相応の物損分だけ支払ってもらえれば充分ですよ。
把握状況についてはお互いの認識にズレはない、はず。おそらくは。
何はなくとも怪我なくてよかったですと。

元々ずっと先でバイクの連鎖事故があったらしく(結構前に多数のバイクが抜いていくのを見ているのでそれかも?)、その他にも追突やら何やらあって40kmほどつながってたとのこと。自分の事故はすぐ脇に避けたし、渋滞への影響は微々たるものだったでしょう。多分。
まあ事故についてはもう起こってしまったことだし、警察への届出までで完了といえば完了と考えてしまってよいかと。問題は次の段階、補償、フォローについて。

納車から1週間のまだまだ手垢にまみれてない新車、それなりのお金を払って買ったはずなのに、修理できたとしても事故車に乗るのかというと、そんなこと思うやつはいないだろと。まあ普通に廃車にしたいと考えるよね。とはいえ、それはお金の工面ができて次の車を準備できる前提での話。1年半払いでローン組んで、しかもまだ頭金以外払い始めてもいないこの状況で次の車の資金を用意しろと言われても無茶というもの。そこで保険の出番です。

今回のケースではどれだけ保険会社から支払われるのか。当て逃げでもないし相手も保険に入ってるので、スタートラインとしてはまず安心。保険入ってない相手との事故なんか目も当てられませんね。

ダメージは昨日のエントリの感じで後部ドアが開かないくらいに外装やフレームがひしゃげた状態。これ直すのにいくらくらいかかるんですかね。新車で全損はありえないと聞いたけど、修理費の見込みってどんなもんかな。車にさっぱり詳しくないので見当も付かないのですが。早く見積り結果を教えてほしいところです。お盆前に。今週から来週までディーラーがお盆休みってタイミング悪すぎっての。
てか、保険会社の言い分はそれはそれとして、修理部分を分解して考えていったら新車でも全損がないとはいえないような気もするんですが。そう簡単なものじゃないでしょ。今回がそうかどうかは別としても。
そもそも修理可能か不能かさえも不明です。フレームのゆがみがEyeSightの動作に影響出るとかも考えられるし。車として走ればいいってだけの話じゃないよね。
通常は格落ち該当あーだこーだという話がやっかいらしいですが、今回はそんなのも気にしなくてもいいくらいの時期の事故です。はい、たった今覚えました、格落ちという言葉。まあ購入価格まるまる出るってことはないんだろうなとそのくらいの覚悟はしてますとも。

繰り返しますが、被害額以上のムチ打ちで慰謝料要求だとかゴネ的なことをするつもりはさらさらないので、購入金額からいかほど差分のある補償が受けられるのかというところがポイントです。結局事故車で諦めてそのまま乗るかどうかは保険金次第と。
追突されてますます、自分も追突事故を起こさないためにやっぱりEyeSightみたいな安全機能は欲しいなと認識を強め。レガシィ選んだのは間違いじゃなかったんですよ、うん。もし納得いく金額が出てくるようならまたEyeSightレガシィを買いたいと思います。でも雨音がうるさかったからサンルーフ追加とかはありかもしれない。あとやっぱりツーリングワゴンのがよかったかもとかいう微妙な悩みくらいは。

まず、こちらの請求額をいくらに設定するのが妥当なのか。購入価格を突きつけたい気持ちはないでもないけど、第三者的視点で考えたらそれはありえないし。1週間とはいえ中古は中古ですしね。修理費用だけ冷静に出してもらえば。
被害者視点だと慰謝料的にさらに多く払え的態度の人が多いようだけど、当事者になってよくわかるその考えのズレっぷり。そんなんで世の中回るはずないですっての。もちろん大事なのは世の中より我が身だし、自分みたいな考えは明らかに少数派なんでしょうけどね。ま、その差額を気持ちとして埋めるための格落ちという概念なのかな。もちろん今回の相手が理性的に話せる相手で誠意を持って対応してもらえてるからそう思えるのであって、気の違ったDQNやオバハン相手だと話は違ってくるでしょう。てか世の中そんなのばかりなのかもしれないな。何が日本人の民度だ。ちゃんちゃらおかしいわ。
ま、このあたりは人によって判断分かれそう。色んな人に相談して考えてみます。というか、こうして文章にしないと自分もパニックで何も理解できないままだったろうな。つまんないことでも記事にしておくのは重要でした。

その上で相手の対物賠償がいくら出てくるのか。プラス下取り価格との差額のバランスや、あるいはこちらの車両保険での補填とかもありうるのか。しかしそれは等級が困ったことに。どっちにしても見積り出るまで考えても仕方ないですか。
しかし、つくづく自分はお金の話が嫌いなんだなあ。お金というか面倒事か。お金はあると面倒事から逃げることもできるけど、面倒事を引き起こす種でもあるので、やっぱりいらない子です。金が好きとか言ってる人何なの。本気で意味わかんないです。

とりあえず今回の件で保険のお勉強になったと前向きに思っときましょう。面倒大嫌いうさ彦さんは当事者にならなきゃ何も勉強しませんからね。
さっさと終わらせたいなあ。お盆明けまで長いなあ。今年は震災の影響で長めのお盆みたいだし。

そして帰宅したところ、代車が届けられていました。現行インプレッサ。中身は不明。ガソリン入れに今からちょっとお買い物とか行ってこようかな。

« 六曜的には今日は友引らしい | トップページ | 本棚のアレ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/52426597

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の整理を装った金嫌い(バカ)アピール:

« 六曜的には今日は友引らしい | トップページ | 本棚のアレ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31