« X-MEN:ファースト・ジェネレーション | トップページ | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 2 »

2011年6月13日 (月)

Fate/Zero 5 闇の胎動 / 6 煉獄の炎

星海社文庫 虚淵玄著

読了。stay nightに続く流れを一通り理解できたので、とりあえず満足。

何はなくとも重厚。しっかり読める安定感はよいですね。
どの陣営もそれぞれきちんと理由付けされて行動にもブレがないので、とにかく筋の通った結果になっていて、こうあってほしかったみたいなないものねだりをする必要なく、清々しい読後感を得られました。明るくはないけど。

読み終えてみてもやっぱりお気に入りはライダーでした。作品の基本設定としてどうしてもひねくれっぷりが強いので、まっすぐなキャラなところがますます際立たしく。何よりその存在感。そりゃ主役食うよね。

秋のアニメも楽しみです。問題はいつになったらゲームに手を付けられるのか。んー。

« X-MEN:ファースト・ジェネレーション | トップページ | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/51936834

この記事へのトラックバック一覧です: Fate/Zero 5 闇の胎動 / 6 煉獄の炎:

« X-MEN:ファースト・ジェネレーション | トップページ | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 2 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30