« テンプテーション・クラウン2 | トップページ | "葵" ヒカルが地球にいたころ……1 »

2011年6月29日 (水)

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ3

MF文庫J 鈴木大輔著

それもありうるかなとは思ってたけど、結局そっちの流れになりましたか。するとこのタイトルはどうなんだろうと思わなくもないけど、秋子視点であれば別にいいのか。でもそのわりに巻数進むほどに秋子の影がさっぱり薄いのはどうなんだろう。
そもそのタブーはすでにタブーでない時代に突入してしまっていると思ってるので、今さらこの程度のシチュエーションでは物足りなさを感じたり。おそらくあえて避けたのだろうとは文体から感じ取れますが。ま、ライトですしね。表現の最先端がエロゲってのはある意味正しいな。

というわけで今巻のメインはぎんぎんです。表紙もそうだし、カラーページのサービスぷりとか、本編のかわいらしさも突き抜けてますね。もとより欠点が言葉遣いだけだし、他がアレな人ばかりなので、そりゃまあねえ。

秋子も出番は減ってるけど、1巻の頃と違ってお嬢様オーラが感じられるように成長してきてるので、そこは満足。いっそ1巻改訂していいんじゃね。
巻数進むほどに株の下がるアナはもう格下扱いでいいかな。今さら出番増えても共感持てないだろうし。会長は海原雄山よろしく大人担当にポジションチェンジで。

作品の色からすれば秋人が御十家が何やかやみたいのは深くいらないので、あとはクライマックスに向かって進んでもらうことだけを希望です。逆に延々と間延びさせてだらだらとかもありうるけど、そんな展開は作品の価値を貶めるだけです。すっぱりとした切り口で終わらせてほしいところです。お決まりのパターンで落ち着くのか、新しい地平を切り開いてくれるのか。綺麗に前者でまとめられてもそれなりに満足できるだろうけど、できれば後者で。

« テンプテーション・クラウン2 | トップページ | "葵" ヒカルが地球にいたころ……1 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/52078128

この記事へのトラックバック一覧です: お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ3:

« テンプテーション・クラウン2 | トップページ | "葵" ヒカルが地球にいたころ……1 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30