« 小説家の作り方 | トップページ | オーディナリー・ワールド »

2011年5月12日 (木)

キャットテイル・アウトプット

MF文庫J 神野オキナ著

あそびにいくヨっぽいなあと思ったらまんまそれだったという。いああそびにいくヨは未読ですが。昨年のアニメ見ただけ。もちろんななめ視聴。
もうね、下準備なしで買うとそういう目に遭うからやめろって、おれ。途中から買うとかありえないだろうと。しかもこんな続いてるシリーズを今さら最初から読む気ゼロだし。絵師変えてるのはトラップなのか。ですので、アニメ分だけの補完で許してください。

とそんな感じに、中途半端だけど読み始めてしまったのでこの1冊だけは。
同じ世界の別の場所。本シリーズをちゃんとチェックしていればきっとニヤリポイントとかもあるんだろうなーとは思うけど、知識なくてもそれなりに読めました。丁寧な文章ですね。
エリスもそうだったし、メアリーにせよいい子なのだと思うのです。しかも猫のマイナス面ないとか。1匹よこせ。ともあれ、雌猫が女子校潜入、護衛の綴も女装して潜入。あとは野となれ山となったよ。あー別にケモナーではありませんので。

設定はガチガチにラノベだし表現も丁寧だったし、つまんなくはなかったです。が、鮮烈さに欠け。どうにも弱い。よくも悪くもお上品。ゆえに空気。アニメがああだったのも必然なのかも。スフィア使って空気ってどうよ。

ということで、続きはおそらく読まないでしょう。新シリーズが出たらそのときに。神野オキナ氏に関しては応援したい気がします。

« 小説家の作り方 | トップページ | オーディナリー・ワールド »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/51654301

この記事へのトラックバック一覧です: キャットテイル・アウトプット:

« 小説家の作り方 | トップページ | オーディナリー・ワールド »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31