« キャットテイル・アウトプット | トップページ | リリア ブラックレイヴンⅡ »

2011年5月12日 (木)

オーディナリー・ワールド

スーパーダッシュ文庫 槙岡きあん著

強面主人公のぼっち脱出高校デビューというとエンジェル伝説的なそれを想像したのですが、まるで違いました。伝説になるほどの強面といいつつも挿絵が挿絵なので、ちょっと釣り目なだけのせいぜいがとらドラの竜児程度の存在感しかない、むしろ普通に人気出そうな少年像。妄想力も言うほど大したことないし、このキャラからぼっちだった過去を想像しろというのは無理がありますね。

メインヒロインのうらみも、欠食児童と揶揄されるほどにどれだけ骨なのかと期待してみれば、一時の宮沢りえや今でいえば伊藤青葉くらいの骨っぷりを想像していたのに、実は胸まで装備してる単なるスレンダーグラマーだわ。誇張表現が過ぎやしませんかね。関係ないけど、ふと突然ショークー様を思い出したぞ。その他のスペックには特に文句ないです。可愛いは正義。邪気眼でも何でもいいよ。

メインのもう1人いばらはかませ犬ヒロインのポジションにしておくのがもったいないくらいのいい子なのだけど、ネタが群馬なのでやっぱり群馬的に。ああ群馬ですね。最初から栃木ネタ満載だったし、隠しててもバレバレなのがまた可愛かったけど、やっぱりかませ犬だよね。がんばれ。
本川寺も冷泉院も絵がほのぼの過ぎて違和感あるし、もうちょっとイラストレーターさんのチョイスどうにかならなかったのかな。もちろんこちらの勝手な期待分については自分で修正しろってものですが、この作品はさすがに設定と表現と挿絵の噛み合わなさをどうにかした方がいいレベルと思うのです。おれだけ?

とまあキャラを中心に色々文句もあれど、内容は真面目に青春ハレコメやってる上に、ご当地B級グルメでキティでamazonで品川なんて要素がてんこもりなので、ぐっと親近感持てる作品でした。個人的に非常に想像膨らませやすいです。サンリオ最高。SWGCはあのあたりに建ってるのかな。さて今日のサイネージ通路は。散歩部でアンナミ行きたいね。てな具合に。栃木群馬ネタから始まって、品川の朝の山手線内回りとか、日常表現の目線がいい感じでした。
品川富士とか知らなかったご当地情報からませてくれたのも好評価。こういうネタを次からもたくさん仕込んでほしいなーと。
でも高校生なら品川から田町くらい徒歩通学したらどうよ。特に金ないという設定なら。

しかしシャトルバスやらジムやらスーパーやらラウンジやらの完備っぷりも然ることながら、ゲストルーム安すぎませんか。SWGCめ、夢のようなビルだなあ。本気で住みたいわ。通勤も楽になるし。もちろんそんな金は出せないけど。

結果的に個人的に好みの味付けに仕上がってるハレコメなのでした。まだハーレムというほど女の子は多くないか。今後、全国のBグルネタでキャラ増えてったら面白くなるんじゃないかなと期待してみたり。少なくとも2巻までは買うかと思います。

それにしても最後まで主人公のDQN名に慣れませんでした。大空夢。たくむくん。無理。

« キャットテイル・アウトプット | トップページ | リリア ブラックレイヴンⅡ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/51655062

この記事へのトラックバック一覧です: オーディナリー・ワールド:

« キャットテイル・アウトプット | トップページ | リリア ブラックレイヴンⅡ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31