« Googleインスタント | トップページ | 帰宅部のエースくん。 »

2011年4月30日 (土)

今月のまとめ(H23/4)

2月の不作っぷりが嘘のような先月の豊作に続いて今月も豊作でした。前半は。後半はうーん。体調崩したりしてあまり読まなかったというのもあるけど。楽しむためにはやっぱり体調大事ね。て。

君のための物語
電撃文庫 水鏡希人著
先日読んだそして、誰もが嘘をつくが実はこれのシリーズということらしかったので買ってきました。でも読んでみたらそれほどカッチリ正当な続編というわけでもなかったみたい。でもま、世界観はたしかに。先の本と同様に落ち着いた雰囲気の描写がとってもいい感じです。短編集めいたこっちのがより世界を感じられてよかったかも。第1章の事件をきっかけに傍観者な主人公となってレーイの不思議と付き合っていく、この視点が誰嘘よりもさらに落ち着いて読めていいんだろな。
でもレーイとアデルベールってホントに同一人物?もちろんそうであっても不思議はないけど、そこまでは同定できないや。いっそ違う世界と言われても構わないくらい。

今どき、女中で奉公って!?
電撃文庫 葛西メイダイ著
このタイトルは著者本人に投げかける言葉であって、作品のタイトルではないのではないか。連続テレビ小説というか家政婦は見たというか河原崎家というか。ラノベレーベルでなければ、シナリオなんかどうでもいい家族愛大事ですよヒューマンドラマで通ったろうと思うけど、どう考えても版元がおかしい。
いあ別につまんなかったわけではないですよ。単にラノベじゃなかっただけです。といって独自の面白さがあるわけでもないので、新人発掘の意味合い以外で無理に読む必要もないかと。発掘できるかどうかは読み手次第です。

KNIGHT INSPECTOR 熾炎の狩人
一迅社文庫 水上貴之著
最初は普通に感想書いてたんだけど、そんなことに触れ始めたら長くなったので別に書き直そうとか思ってみたものの仕切り直すのはやっぱり面倒だったとか何とか。つっこまれること覚悟してこういう設定作るスタイル自体は嫌いじゃないんだけど、魅力あるキャラとして描けてるかというとちょっと微妙かも。お母さんの立ち位置は面白いと思います。
脱皮シーンはちょっと期待してみたり。次巻で目覚めたりするのかしら。

妹がゾンビなんですけど!
スマッシュ文庫 伊東ちはや著
400P近い厚みなのにとても薄いです。そのわりに挿絵率高かったですね。が、印象に残ることもなかったり。はい、つまんなかったです。あまり数出てないみたいだし、デビュー目指す人はこのレーベル狙い目かもしれません。

Fate/Zero 4 散りゆく者たち
星海社文庫 虚淵玄著
脇役が脇役らしくいい活躍。彼らが活躍すればするほど主役がさらに輝くんです。本来は。ということで来月再来月をお楽しみに。

女子モテな妹と受難な俺2
ガガガ文庫 夏緑著
受難のレベルが格段に上がってしまったのが痛々しく。この世界、病ませる必要あったんだろうか。それとも今後もっと酷い受難が待ち受けているのか。この方向性で続きを書かれたら明日太くんの明日が見てられないし、別の方向性というならそれはそれで軸足を信じられないかぬるくなるか(おそらく後者)のどちらかだし、とりあえずこのシリーズは打ち切ることにします。また別の作品で。

変・ざ・くらする~む
富士見ファンタジア文庫 築地俊彦著
んー。つまんなかった。が、これはこれでアリだと思います。本編置き去り気味に脳内で映像が勝手に動く想像力過多な性質で、こういう世界が好きな人が読む分には多分許容範囲かと。
まぶらほもけんぷファーも読んだことないけど、アニメとこの文体から察するにそういう作風の人なんだろうかと想像してみたり。この人のやりたいことを表現するのにプラットフォームが文字媒体ってのは無茶なのでは。漫画原作者か放送作家になっときましょうよ。売れるかどうかはわからないけど。

ニート吸血鬼、江藤さん
富士見ファンタジア文庫 鈴木大輔著
つまんなかった。王道通り越して、どマンネリ。よく最後まで付き合ったなと自分を褒めてあげたくなるくらい。ラストの30Pだけでいいんじゃないかな。おにあい2巻と合わせて何だかキャンペーンやってたけど、その意図するところはよくわかりませんでした。ファンなら違った見方もできるのかも。
しかし空中幼彩氏はいつまで経っても慣れないなあ。フロントウイングのゲームはずいぶんと触ったけどみんなつまんなかったしな。それは絵の責任じゃないけど。

以下の作品と合わせて今月は22冊の模様。ラノベは本来気楽に読めるものとして位置付けてるはずなんだけど、こんなブログになってしまったせいで気楽さが半減してしまったような。誰のためでもなく自分のためのはずなんだけど。まあ来月からはちょっとペース落としたいかも。先のことはわかりませんが。

カレイドメイズ2 もえない課題とやける乙女心
STEINS;GATE ‐シュタインズゲート‐ 円環連鎖のウロボロス2
お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ2
デート・ア・ライブ 十香デッドエンド
ごめんねツーちゃん-1/14569-
ブサメン王子とヤンデレ姫
それがるうるの支配魔術
ソードアートオンライン 3/4 フェアリィ・ダンス
ひがえりグラディエーター
魔法少女を忘れない
百合×薔薇 彼女の為の剣と、彼の為の乙女の園
ソードアートオンライン 5/6 ファントム・バレット

今月のお気に入りはやっぱりカレイドメイズ2で。何となく湖山真氏にファンレター書いたらお返事までいただいちゃいました(*'ω'*) 絵師の鵜飼沙樹氏もpixiv見てみたらこの人、音ゲーマーなんですね。ノクスとマタンとかあらまあ可愛いの。そんなわけでお2人ともさらに好感度アップです。
デートアライブもよかったかなー。でもTVCMはポポポポーン並みに飽きてます。

そんなわけでストックが20冊くらい。ラノベ以外含めると倍くらい積んであったり。GWは何だか予定ぎっしりだし、このままだとゲームと同じ運命を辿ることになるかも。

« Googleインスタント | トップページ | 帰宅部のエースくん。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

月まとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/51537981

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のまとめ(H23/4):

« Googleインスタント | トップページ | 帰宅部のエースくん。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31