« 今月のまとめ(H23/3) | トップページ | 司空昇格 »

2011年4月 1日 (金)

カレイドメイズ2 もえない課題とやける乙女心

角川スニーカー文庫 湖山真著

ネーフェはオレの嫁。今回も最初に言っておきますね。ネーフェかわいいよネーフェ。

楽しみにしていた2巻。1巻があまりにも自分的に絶好球だったので、実は失速も覚悟してたけど心配無用のクオリティでした。少なくともこの薄さからは予想できない読み応え。

課題のレポートを再提出させられるハメになって、とある寂村へうんたら。舞台が田舎村のお祭りなので少々小ぶり感があるけれど、いざこざに巻き込まれたり洞窟冒険したり一通りの見せ場はあるし、組織の狙いとか過去の大魔導師の痕跡とか今後の展開のための伏線がそこかしこに張られてるのでとりあえず満足できました。石像の絡みとか上手いなー。小技もピリリと効いています。
あとはもうちょっとだけ舞台が大きかったらよかったな、て欲があるだけです。1巻に劣るのはそのくらい。これは目瞑れるレベルです。ま、刊行ペースとかもあるでしょうから贅沢言ってはいけませんね。

相変わらずネーフェはかわいいし、レナートスはネジ飛んでるし、組織側の新キャラ・ミオもまた面白くなりそうだし、キャラ生き生きです。脇役のノートン教授さえ魅力的です。ビアンカはちょっと立ち位置的に不憫か。村長もちょっと小さいな。ま、あれは村自体小ぶりだし。小さな人間が育つ土壌と思えばある意味正しい描写とも。
主役のカイルとアレックスはやや弱かったか。もっと家庭内事情さらけ出してくれてよかったかと。1巻よりまるくなっちゃってたかな。無意識に銃向ける程度じゃ物足りないです。もっと感情的にやりあってくれないかしら。多分キーパーソンは今回出てこなかった母ちゃん。次巻ではまた登場させた方がいいのでは。

お笑い方面も、レナートスの剣は(ビアンカ的に)よかったね。この作品におけるお約束としちゃってもよかったのではないかとも思うんだけど、これで次巻からこのネタで笑いを取ることはできなくなるわけで、次からどんな新たな笑いのネタが仕込まれてくるのか興味です。

今回も自分のラノベに求める要素は詰め込まれてました。パロディ満載もそれはそれでいいけど、逆にパロディのネタにされる側になるくらいの気概で書いてほしいものです。オリジナル作品はやはり評価が違うのです。

それにしてもネーフェかわいいなあ。しつこい。この子には永遠に初々しくあってほしいですね。このふわふわ感は大切に。逆に記憶が戻って実はそんなことも知っていたとかだったらそれはそれで斜め上でいいか。これからも子作り目指して突っ走ってください。

しかし角川もなー。もっと直球で売り出していいと思うんですけど。帯やサブタイトルのおちゃらけぷりたるや。出版社的に最初からそんな扱いなので、どうみても本屋の平積みを見ると流通の少なさとかくっきり見えてしまって不憫で仕方ありません。こんなに面白いのに。それともおれがニッチなところにいるだけなのか。

うさ彦さんは湖山真氏と鵜飼沙樹氏とカレイドメイズを応援しています。

« 今月のまとめ(H23/3) | トップページ | 司空昇格 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/51273645

この記事へのトラックバック一覧です: カレイドメイズ2 もえない課題とやける乙女心:

« 今月のまとめ(H23/3) | トップページ | 司空昇格 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30