« シャドウ・ネゴシエイター 神魔の交渉人 | トップページ | ひきこもりの彼女は神なのです。 »

2011年3月 9日 (水)

とわいすあっぷっ!

スーパーダッシュ文庫 阿羅本景著

面白いかつまんないかでいえば、面白い寄り。ありかなしかでいえばなし。東京都でなくとも二次元の表現規制したくなる気持ちがわかるわ。事実がオタ向けでしかないことは置いておくとして表向きは低年齢層向けでしょう、ラノベって。とするとちょっとねえ。18禁でゾーニングされたものであれば別にこれでもいいんだけど。
成人の規定って何歳が妥当なんだろね。個人的にはローティーン過ぎたら十分と思ってたりするけど、それは社会が許さないし。まあ高校生なら読んでもいいけど中学生にはどうだろって内容。

とにかく。色気出してラノベ書くならちゃんとラノベとして構想すべき。こんな内容なら最初からエロゲライターらしくエロゲで表現すればいいのに。寸止めなら何でもありってわけじゃないでしょに。モザイクで見えないようにして本番が実際はないといったってAVはAVなんですよ。
ただし、これがエロゲだったらおそらく自分はわりと楽しめたはず。だからこれがエロゲでなかったことが個人的には残念に思うのです。この人のエロゲ1本もやったことないですが。でもそのうちやってみてもいいかも。

何はなくともまずヒロイン1号。このキャラの魅力を最大限に引き出すにはどうやったってプラットフォームをエロゲにしないわけにはいかないと思うのです。小説だとウザさを打ち消せるほどにはなれないんじゃないかなあ。変態もっと突っ走れ。エロゲ化で。
ヒロイン2号はラノベでもメイン張れる王道な子。もちろんこっちのが好み。ちっぱい。というか普通にまっすぐで健気だし。四天王に慕われるそのカリスマ溢れる気概も。多分そのうち対峙しそうなお姉ちゃんも概ね想像付く感じ。きっといじりがいのあるお姉ちゃんなんだろうなー。

それに対して悟はぐじぐじしてむっつりで頭悪いという。その頭の悪さは表現によるものでなく、本当に何言ってるのかわからない軸のブレっぷり。これを狙って書いてるならこの作家さんすごいよ。多分ナチュラルに変な文章なんだと思うけど。主人公の心理描写部分の文章を理解するのが苦しかったです。でも15歳なんてそんなものかもしれないし。まあ主人公としてやるべきことはやっていたのでこれはこれでいいんでしょう。このままいけばヒロインたちにひっぱられて変態に目覚めてもおかしくないね。そこへさらにママさん開眼とか。多分そんな展開。エロゲ化なら。

しかし封印といえばやっぱり壺ですか。何でそんなワレモノ注意に封印するんでしょうね。

« シャドウ・ネゴシエイター 神魔の交渉人 | トップページ | ひきこもりの彼女は神なのです。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/51077550

この記事へのトラックバック一覧です: とわいすあっぷっ!:

« シャドウ・ネゴシエイター 神魔の交渉人 | トップページ | ひきこもりの彼女は神なのです。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30