« とわいすあっぷっ! | トップページ | カフェとオレの先輩 »

2011年3月 9日 (水)

ひきこもりの彼女は神なのです。

HJ文庫 すえばしけん著

何か最近人外物多くないですか。ラノベがそういうジャンルだから仕方ないですか。

主人公丈夫。でも重力操作はあまりこの巻では役に立ってないかも。この子は能力よりも生き様が大事だよね。だから感情移入はしやすいかと。

しかし幼馴染を中心に悲劇の舞台ってのは。亜夜花との邂逅のためには色々と準備が必要なんでしょう。力尽くで引っ張り出すのではなく、空気作って流されるように連れ出すという、傷の舐め合いによる草食的展開。内容自体はそれでいいと思うけど、表紙のイメージと違うのが気にかかります。もちろん卵と鶏はこの場合鶏が先ですが。

それに、後日譚のまとめ方もちょっといただけなかったかなあ。特に3。いらないでしょ。ただでさえ亜夜花が人間臭いのに、散々本編でいってた神の価値観は違うってのをここでさらに自ら否定とか。そもそも価値観だけでなく思考ルーチンから違っていいくらいなのに。

でもま、主人公がちゃんと筋通してくれる子だったので、カタルシスは満たされるかな。微妙に悲劇だけど結果はそこまで重くないし、未来はこれからっていう感じでまとめられてるので一応はハッピーエンドなのでしょう。でもこの町自体が実験的ということからまたすぐ陰惨な事件起きて以下続刊ってことですかね。まあ気が向けば2巻までくらいは読むかも。細屋くんの活躍に期待しよう。

どうでもいいけどウルリカちゃんはカレー好きなんですか。そうですか。たまねぎとかにんにくとか食べられるんですか。犬?

« とわいすあっぷっ! | トップページ | カフェとオレの先輩 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/51078117

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもりの彼女は神なのです。:

« とわいすあっぷっ! | トップページ | カフェとオレの先輩 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30