« 犬とハサミは使いよう | トップページ | そして、誰もが嘘をつく »

2011年3月28日 (月)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

ガガガ文庫 渡航著

平坂読絶賛の帯からしてそっちの方向というか、そもそもタイトルがそっちというか、読む前から本人リア充に気付かないまま進行のお約束展開であろうことが見て取れます。その通りでした。なお、僕は友達が少ないは1巻しか読んでません。

どんだけ神奈川好きなのか。作者は千葉出身ぽいけど。でも雪ノ下ってのは知りませんでした。これも鎌倉の地名なのね。そんな中、平塚と戸塚だけ微妙に浮いてるように見えてしまうのはきっと生粋の県民だから。ま、普通の人にはどうでもいいこと。でも何となく県民的に感情移入しやすいのでちょっと得してる気分でもあったり。

どこまでもテンプレなので、最初からそれを求めているならきっとすんなり受け入れられること疑いなし。日常系としては嘘でもいい子たちばかりの世界であることが個人的にはとても重要なので、由比ヶ浜も小町も戸塚も雪ノ下もそれぞれ魅力あるのはいい感じでした。というか葉山くんいい人なのが実にいい変化球で。とっても平穏な時間を過ごせました。八幡と雪ノ下のメイン2人はまだまだ本気出してない感じだったし、キャラ紹介的1巻としては上手く表現できていたと思うので、2巻以降も平穏な日常を貫いてほしいものです。

ということで、山も谷も何もない本当に何でもない日常系残念系ラノベでした。残念系の区分はまだ使いづらい感じだなー。

そういえば本文中でもネタになってたけど、ガガガ文庫で面白いと思ったのはわりと少ないんだよな。むしろガガガではこれトップクラスですよ。

« 犬とハサミは使いよう | トップページ | そして、誰もが嘘をつく »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/51242445

この記事へのトラックバック一覧です: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。:

« 犬とハサミは使いよう | トップページ | そして、誰もが嘘をつく »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31