« 五年二組の吸血鬼 | トップページ | Fate/Zero 2 英霊参集 »

2011年3月23日 (水)

ぜのん様である!

電撃文庫 おかゆまさき著

ドクロちゃんの人ですか。あれは好きです。アニメだけしか見てないけど。

徹頭徹尾お花畑でした。いあ、スイーツでした。よくこのテンションを300ページも続けられますね。それは素直に尊敬できる。
相当な密度の漫才。うん、コントというより漫才。おかゆまさきはお笑い界のAKBでもプロデュースすればがっぽり稼げるんじゃなかろうか。女子高生が体張ってこんなことやってれば間違いなく人気出るよ。もちろん掛け合いや間、勢いを上手く表現することができるという前提で。歌や演技が下手でも生きていけるアイドルとはそこは違うか。

強いて言えばパロディなしにしてオリジナルの笑いだけでも勝負できるんじゃないかと思うんだけど、それでも使わなきゃいけないのかってのがちょっと気になるくらい。あ、そういえばいのりんも気になるな。

読んで笑ってすっきりどうぞ。これはこれでひとつのラノベの完成形なのでしょう。ラノベ暦短い自分でもそれくらい思います。

« 五年二組の吸血鬼 | トップページ | Fate/Zero 2 英霊参集 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/51199984

この記事へのトラックバック一覧です: ぜのん様である!:

« 五年二組の吸血鬼 | トップページ | Fate/Zero 2 英霊参集 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31