« そして、誰もが嘘をつく | トップページ | カレイドメイズ2 もえない課題とやける乙女心 »

2011年3月31日 (木)

今月のまとめ(H23/3)

今月のその他諸々をまた日記から抜き出し。引越し後初だしついでに前のもリンク貼っときますか。
1月2月

要するに以下は独立してブログ記事にまでしたいと思わなかった予選落ち群というか。といって独立記事より絶対下位群という意味でもないです。その日の気分で面倒だったとかあるし。でも非応援群ではあるかも。

カナタに届け 沢金高校放送部
一迅社文庫 西村悠著
タイトルからしてヒロインがもっとヒロイン然しててもいいと思うんだけど、ヒロインどころか主人公さえ一人称視点でなく、全体的に三人称というか蚊帳の外から連中を見ている感覚なので、どうにものめりこめませんでした。
エクスクラメーション、クエスチョンが無駄に多いのも悪印象。むしろそれ以前の問題のような。
すごく本編がどうでもいい感じに淡々と進んでいったので、合間の楽屋裏が対比でよく見えてしまう不思議。
きっとあれです、おれたちのたたかいはこれからだ、とかそういう。2巻以降きっと面白くなるよ。多分読まないけど。

花咲けるエリアルフォース
ガガガ文庫 杉井光著
エロゲに例えるなら、パッと見惹かれなくもないんだけどアクが弱くて埋もれてくタイプのよくあるワゴン品。何だろ、ミリタリー物にしたわりにミリタリーとか桜とか菊とかこだわってそうでこだわってなさそうだったり、中々読んでて惹き付けられませんでした。まったく命捧げたくならない桜子へーかとか、今時時代遅れの咥え煙草なんて符号持たせた美鶴とか、どうにも。もちろんへたれゆんゆんのせいも大きい。さらに文章にも波があって、たまに読点がやたらと増えて非常に読みにくくなる季節が訪れたりも。うーん。
敵側の描写も皆無で、というかスタンス不明で内戦とか納得しがたいんですよ。作者が書きたいのはそういう部分じゃなく桜の儚げなイメージを持つ桜花戦闘機なんだろうからそんなところにつっこむなってのはそうなんですけどね。

魔術師たちの言想遊戯Ⅰ
ファミ通文庫 一橋鶫著
言葉遊びがテーマの異能物。設定はまあいいや、深くつっこまないでおこう、ラノベだし。
が、それ以前に主人公といい店長といいヒロインといい、もちろん他のキャラも、まったく魅力ないんですけど。大河ドラマがドラマじゃなく演劇やってるあの感覚。上手い下手以前に演技がわざとらしすぎて自然に見えなくなる現象。台詞回しのくどさを筆頭に、各描写が鼻に付く感じ。ぶっちゃけ読みづらい。
パチクリについての考察はとても興味深かったです。他の言葉についてももっとこういう角度から1つ1つ接してくれてたら多分もっと読後感よかったんじゃないかな。

Fate/Zero 3 王たちの狂宴
星海社文庫 虚淵玄著
2巻から続けて3巻読了。既読の知人との会話で、全4巻を6巻に分けて出してる文庫版の進行ペースを説明するのが微妙に噛み合わなかったり。とりあえず今は中だるみしないで進んでくれればいいだろう的地点ということか。
個人的に今のところライダーが好きというくらい。でもきみは王者じゃなくて覇者です。言葉の定義が違いますよ。孟子読め。

魔よりも黒くワガママに魔法少女は夢をみる
ファミ通文庫 根木健太著
魔法少女になりたがるのも厨二病なんだろうかとふと思ってみた。厨二病卒業して普通の感覚で過ごしているはずの主人公が、巻き込まれ型パニック作品よろしく夢の魔法少女になってしまって、でも実際は夢のようにはいかなかったとかなんやかやで最終的に嬉しくないお約束ハッピーエンドとかそんなお話。
主人公瑠奈はツッコミ気質の子。そして流されやすい子。要するに元気なゆるい子。現実にいたらさぞモテそうな子だなあ。せっかくそんな子が騙されてくれてるのだからオロはもっとがんばってボケてくれないといけないのだけど、この淫獣どうにもかわいげがない。かわいげないというか品がない。人化したあとはあとで影薄いし。その他のキャラもどうにも際立ってません。キャラ描写に難のある作家さんだなあ。キャラに限らないか。結局瑠奈が可愛くみえるだけの作品でした。
そして最後の最後までイラストがどうにもしっくりきませんでした。もちょっとがんばって。

埋まったままDE宇宙戦争!
GA文庫 健速著
個人的に健速はタテハヤと読むんです。スサノオ様ね。ま、それはいいとして。
イラストはぜんぜん筋肉バカに見えません、主人公。脳筋には見えるけど。主人公のひどさに輪をかけてメインヒロインのマリア、これがまたひどい。近寄りたくないレベルのDQN。話の軸もむしろ春とファーだし。何ですかもう。
夏祭りの花火と見せかけて戦争とかは別にいいんだけど、それ以前に根幹が。どこに希望を求めればいいですか。もちろん3勢力で5機のうち2機しか出てないからって続編出さなくていいですからね。多分、仁美の家が最後の勢力だったんでしょう。そういう末裔的設定はともかく、お話が破綻してました。ごめんなさい。

ジュエルガール1 眠り姫と心の玉座
角川スニーカー文庫 青田八葉著
コランダム大好きっ子だけど、灯華より美海派ですクーデレのがいいんですごめん。お姉ちゃんとか六花とか出番ないやん。
それはさておき、何とまあ中途半端なところで切りやがりますか。これ、2巻とセットで出版しなきゃダメでしょ。というかキリのいいところまで書いて1冊にしてください。萎えますよ。宝石モチーフにキャラのカラーやフィールド特性やら結構設定がんばってるのに、もったいない。でも悔しくて2巻は読むかも。とりあえず納得はさせたい。

あと、今月読んだのをリンクにまとめるとこんな感じ。ラノベばかりとはいえ小説だけで22冊。んー。
アクセルワールド1 黒雪姫の帰還
うちの会長は荒ぶる虎猫に似ている。
シャドウ・ネゴシエイター 神魔の交渉人
とわいすあっぷっ!
ひきこもりの彼女は神なのです。
カフェとオレの先輩
逃走少女と契約しました。猫だけど。
テンプテーション・クラウン
クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅠ
五年二組の吸血鬼
ぜのん様である!
Fate/Zero 2 英霊参集
犬とハサミは使いよう
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
そして、誰もが嘘をつく

今月一番のお気にって何だろ。テンクラかアバチューあたりかな。はまち、誰嘘、逃猫、ぜのんあたりも悪くない。わりと接戦。てか天地を喰らうみたいに呼ぶなよ。
Amazonの価格では5-2吸血鬼、はまちが健闘してるようです。これはネット祭りとか発行部数とかもあるからなー。ま、他人の評価は他人の評価。
とりあえず応援の意味含めてテンクラにしときます。2巻以降面白くなりますように。

« そして、誰もが嘘をつく | トップページ | カレイドメイズ2 もえない課題とやける乙女心 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

月まとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/51265933

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のまとめ(H23/3):

« そして、誰もが嘘をつく | トップページ | カレイドメイズ2 もえない課題とやける乙女心 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30