トップページ | 物欲の方向性 »

2011年3月 3日 (木)

アクセルワールド1 黒雪姫の帰還

部屋の整理ができないので新しい部屋にいっそ引っ越せ、的なそんな後ろ向きなスタートを。

引っ越し第1弾はこの本になりましたとさ。アクセルワールド1巻。
勧められるがままに読んだ先生絶賛のソードアートオンラインが面白かったので、こちらも読んでみました。先生はこっち酷評してましたけどね。

コンプレックスまみれのブタくんが、彼の唯一の心の拠り所で花開く、これまた王道的な作品。基本姿勢はSAOと変わらないですね。違うのはキャラクター付けの扱いくらいで。でも立ち位置はみんな一緒。

キャラもまずまず。おどおどしてるわりに考察力とか中1にしてはちょっと大人すぎやしないかと思わなくもないけど、そこはハルくん、主人公だし許容範囲。黒蓮ちゃんも山あり谷ありの絶対的存在感を見せつけてくれます。やっぱりこういう品のある女キャラにどうしても弱いです、自分。何より名前がBlack Lotus。

この川原礫氏は文章も読みやすいし、何よりキャラの心の機微というか、作中のXSBケーブルの長さじゃないけど間合いの取り方が上手いなあと感心します。読んでいてさもその場にいるかのように錯覚させられる空気を感じさせる描写力というか臨場感の作り方が他のラノベ作家とは一線を画してます。ケーキを食べてる描写でケーキの味を感じられる文章を書ける人ってのは稀有な存在なんです。

黒蓮ちゃんの主人公への意識の向き方とか、ところどころ気にかかる部分もないではないけど、ラストのちょっとおざなりなタクの転換の描写以外は特に不都合もなく読めたかなと。タクの弱さを考えるとそうなって然るべき展開ではあるけど、そこへ至るまでのあっけなさがちょいと物足りなく感じたり。それを差し引いても十分面白い作品であることは間違いないですけど。今のところもっとも打率の高いラノベ作家さんであることは間違いないです。早く続き読もっと。

先生がSAOを好んでこっちを好まない理由は何だろうと考えると、おそらくは主人公の設定じゃないのかなと思ってみたり。外見含め。

トップページ | 物欲の方向性 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/51025077

この記事へのトラックバック一覧です: アクセルワールド1 黒雪姫の帰還:

トップページ | 物欲の方向性 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31